About ejs-plus API

EJSとは

jDownloader2が使用するアカウントデータベース(org.jdownloader.settings.AccountSettings.accounts.ejs)を指します。

APIについて

入力された登録情報は該当ファイルに暗号化されて保存されますが、ユーザ名やパスワードを忘れてしまった場合などサルベージするのに困難です。

これを回避するため、暗号化されて見えない情報を復号化できるツール(API & User Interface)を作成しました。

複数ファイルを一度に選択、複合化やマージ(結合化)処理などができます! 🙂

インターフェイス(UI)の使い方

⇒ 暗号化(EJSファイル作成)

STEP 1 [1] ... Newボタンを押す

STEP 2 [6] ... アカウント情報を入力する (one per line)

STEP 3 [3] ... Cryptボタンを押す

⇒ 復号化

STEP 1 [2] ... Loadボタンを押して、ローカルファイルを選択する

STEP 2 [6] ... 左ペインにロードされたファイルをリストアップ

STEP 3 [4] ... Decryptボタンを押す

⇒ マージ

STEP 1 [2] ... Loadボタンを押して、ローカルファイルを複数選択する

STEP 2 [6] ... 左ペインにロードされたファイルをリストアップ

STEP 3 [5] ... Mergeボタンを押す

  • ... Newボタン
  • ... Loadボタン
  • ... Cryptボタン
  • ... Decryptボタン
  • ... Mergeボタン
  • ... 初期画面に戻る
  • ... 参照(右ペインに結果を表示)
  • ... 結果エリアを左にスライド
  • ... 結果エリアを右にスライド
  • ... EJSをダウンロード
  • ... サマリーを表示
  • ... ハイライト表示
  • ... テキストファイルをダウンロード

API/UIの仕様&制約

暗号化で、入力できるフォーマットは username:password:filehoster のみ許可

複合化できるファイルタイプは .ejs のみ許可

複合化できるファイルサイズは ~1,000,000bytes まで

一度に複合化できる数は ~10Files まで

複合化、マージの「STEP 1」かわりに、ウィンドウ内にDrag & Dropでもファイルがロードされます (複数可)

使用上の注意

利用規約はこちら

API/UIの仕様は予告なく変更されることがあります。